映画・音楽・ いい男たち

懐かしい思い出や、好きなものを書いています♪

アジア/日本映画・俳優/時代劇

色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



前略

お便り どうもありがとう。
いま「影武者」のロケーションの為、京都に来ています。
(ホテルの便せんで失礼。)
熊本映画祭は、本当に感激しました。
受賞式に出席して良かったと思ってます。
これからも、素敵な映画を作っていきたいと思いました。
まだつたない演技に、賞を与えてくれたという事は
ただ、ほめているのではなく、役者根津甚八に
鞭打っているのだな、と感じられうれしかったです、とても。
熊本へは、その内、コンサートでうかがうかも知れません。
また会う日迄、サヨナラ。

根津甚八  ’79・12・16


P1000174




それは今から、35年前
高校生だった私が出会った俳優は、目の前で笑っていた

「人」と遊ぶより、「物」と遊ぶ方が楽しいという
自閉的な傾向だったその俳優が出す、翳りのような匂い・・・

陰のある雰囲気と静かな物腰、そして、奥底に秘めた強く光るもの
時に鋭く、時に脆く、、壊れ物のような不安定さを滲ませた目
その中でもやはり、何かを追う追跡者の輝きが堪らなく好きだった
勿論、今でも変わらず、色褪せることなく・・・☆

当時と言えば、何かと話題になるトレンド俳優や歌手の名前
しかし、同年代の女子とは、意見も好みも全く合わない私だった
一人、渋い俳優にのめり込み、時代劇やドラマなど、、
親の世代がひいきにする味を、どことなく覚えたものだ

私が惚れ込んだ俳優は、映画やTVなどで、演技派として注目されていた
そして、巨匠の監督が手がけた大作のロケが、ちょうど始まったばかりの
頃に、地元主催の映画祭が開かれたため、受賞も兼ねて来場し
出演作品の上映が、大手のデパート最上階にあるホールで行われていた

私は、そこに当ても無く行ったものの、招待客しか入れない会場は
当然ながら閉ざされ、その向こうの空気を必死で想像する思いだった
そして、そのロビーの片隅でじっと待った

暫くすると扉が開き、一足先に上映会場からファンが出て来た
そして、ロビーは瞬く間に女性ファンで埋め尽くされ、サインの行列が出来た
見ていた私は、ただ圧倒され並ぶことも出来ず、後ろから背伸び状態、、
そうするうちに、係員の「これで終了します」の声が・・・

学校帰りのまま、学生カバンを片手に、発売されたばかりの
俳優の写真集を大事に抱え、呆然と立ち尽くす私はどうしていいか
分からぬまま、ただ立っていたと思う(この時の記憶は曖昧なのだ)
すると、隙間から見えたのだろうか、それとも誰かが見つけてくれたのか、、


P1000170
P1000172



私の前に、その俳優は立っていたのだ!
自分から歩んだのか、その俳優が来てくれたのか、、これも記憶がない
とにかく、目の前に居る、、これが信じられない現実だった

私の記憶では、色紙とか、メモ帳とか、ハンカチとか、あるいは
着ているシャツの背中とか、、(多分、背中に書いて!と言った人がいたような)
そういう積極的なファンのテンションに、場慣れしていない学生の私は
何をどうするか、のアクションも分からず、ただ立っていた
しかし、持っていた写真集が目立ったのは確かだ!

その俳優は、誰かのサインペン(油性マーカー中太タイプ)を返さず
そのまま、私が持っていた自らの写真集をパラパラとめくったのだ
そしてここからは、おおよそを記憶している(笑)

・・・これ、買ってくれたんだ
嬉しいなあ、こうやって見ると照れるけどね
それで、どこにサインしようか?

私は、ただポカンとしたままで、何か言ったのか?
きっと「どこでもいいです」みたいなことを言ったのだろう、、
その俳優は、写真集の中ほどにあるお気に入りらしき
フォトのページで止まり、しばし考えつつ

う~ん、やっぱり、ここじゃ閉じてしまうし、見えないから
折角だから、表紙にしよう、ね?

ここから先は、よく覚えていない だが握手はした、、これは確かだ!
見上げた顔、声、物腰もおぼろげ、、

ざわざわと係員が囲み、俳優は私のサインを最後に会場のロビーを去った
シュキュキュ、、と走るペンの音と、油性マジック独特の、ツンとしたにおい
誰かの借り物ペンは、なぜかそのまま私の手に渡されていた


P1000168




数分が過ぎ、辺りの取り巻きも散り、ポツンと立つ私に
一人の女性ファンが声を掛けた

良かったねえ~、写真集が効果的だったんだよ
みんな色紙とか、ハンカチとかだったから、平凡だもんね
それに、あなただけが学生服だし、目立ったんだね
根津さん、一番長い時間、あなたの目の前に居たよね
学校帰り?今夜は寝れないね、カッコよかったね~

女性の問いかけに、ただ、うんうんと頷き、会話にもならないまま
手の温もりが残る写真集を抱き、、
感動と感激と、ごちゃ混ぜの涙が出てきた


P1000173




それから、数日後、私は俳優にお礼の手紙を出した
とにかく、嬉しかった思いと、これからの応援の気持ちを書いた
まさか、返事が来るとは思いもせず、それでも差出の住所を礼儀として書いた
真っ白い便箋の縦書きと縦封筒に、きちんと書いた

時が流れた昨夜、日本映画チャンネルで、その俳優の若い作品が放送された
個性派がずらりと並ぶ、まさに競演の顔ぶれは魅力に溢れ
その昔の思い出に、私は一瞬でフラッシュバックしてしまった

そして、11年ぶりにカムバックした作品、、GONINサーガの公開が嬉しい
これで最後、、と発した俳優の思いに、胸が熱くなる・・・


gonin_nezujinpachi_1_large




根津さあ~~~ん!!!
あなたは、やっぱり素敵です~~~!!!

私にとって、ファンにとって、最後なんかじゃない、、
いつまでも残る、好きな俳優への思いは永遠なのだ☆

今でも、忘れることのできない宝物
形として残るものだけでなく、心の引き出しにしまった宝

今回書いた、根津さんへの思い・・・
これ、実は2013年・6月に隠れ家的別館で書いたものだった、、
しかし、映画のスイッチが私の記憶と共に、大好きな俳優
素晴しい役者・根津甚八への思いを、大きく揺さぶってしまったのだ

だから、色褪せることのない思い出を
今、ここに書いておこう


F965M6CfrfFloxrmiqf5



現在の、渋谷区神宮前4番地周辺、、
当時、行くことが出来なかった場所だ
それ以来、時代が過ぎてもあの頃の憧れのまま
写真集の温もりと、一枚の便箋の文字に思いを馳せてきた
当然、今も訪れてはいない、、

お返事の住所(事務所)は、ここだった☆


 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


押し迫った昨年の暮れ、言い様のない感情が襲った

根津さんの訃報は、驚きよりも身体の中に開く大きな穴・・・
それによって力が抜けてゆく、、まさにシューーッとしぼむような感覚で
思わず座り込んだのを覚えている

次第に熱くなる身体
哀しいとか、嫌だとか、そういう咄嗟に起こるものではなく
どんどん沸き起こる胸の痛さ、、涙の出ない苦しさと同時に
一瞬にして戻った、あの頃の鮮明な記憶

何度も読み返しては、また熱くなる根津さんの文字と写真に
この時(2015・9)に書いた記事を振り返り、改めて加筆することにした
12月29日、、月は違っても旅立った愛犬と同じ日(29)
だから忘れない、ワタシにとっても記念の日

 根津さん、、あの頃と変わらない思いを遠い空へ向けて贈ります


P1000176
P1000175





もう一度・・・「GONIN」という映画へ☆

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


gonin5
gonin5



単なる、懐かしさだけじゃない
個性派の顔が揃った、それだけでもない

何かがこう、突き動かすものに、今、参っている、、

男の描き方と、バランス的な魅力を持って
続編が勢いづくために、一作目がもたらす根強さ・・・☆
それがあってこそ、、の功績を、ここに見たからだろう


11809551_1625121727744058_1585525071_n
11380835_966203000065027_1427147942_n




やっぱり・・・どうしても・・・

最近、その思いが何度も湧き上がる
何かに動かされるのは、離れない思いが頭を埋めているからだ

前回、根津さんへの思いを書いた
勿論、抜け出せないのは、それもある、、

しかし、これは単なるファン目線だからじゃない
作品として、男たちの魅力がきちんと出ている所を、改めて感じたのだ
それはシーンの多さじゃなく、見所的なインパクトでもない
些細な所だけに、留まる印象は人それぞれ、様々だ

特にワタシの目線では、はあ?そんなトコ?となる場合が多く(笑)
えっと、あそこのあのシーン、、と分かり易い説明が出来ない
要するに、役者そのものが意図せずに見せる仕草とか、表情とか、、
そういう台詞もないような場面、又は、声のトーンとか、、

ツボは数え切れないが、強いて挙げれば・・・
ピストルを構えた根津さんのドス声だ

モッくんこと本木君がナイフで切りつけ、血を流しつつポッケから
ハッタリ見せして構える時のドスの効き方と、捨て台詞・・・
「どチンピラが!」 と言う時の声!実に、この声なのだ!
そして、戻れない前妻との僅かなひととき、その優しさ、、
(・・・え?そこなの?って方、多数???)

追って、追われて、、ギリギリの男たちが出す一瞬
恐れを越えた、覚悟の色が素晴しい☆


gonin5
t02200125_0745042310286406582t02200125_0745042310286406582
gonin4



1.常に幅を持つ浩市さん、、既に後もなく、最後に抱えた一筋の
儚い光にも似た、モッくんとのシーン
1.怪演した竹中さんのイカレっぷり、、その声だけで笑えて怖い、実に凄い人
1.誰かも分からない金髪ボクサー椎名さん、、こうも変貌出来るのか、、に
思わず見入ってしまう 一途なめぐみちゃん(横山)への愛が
たどたどしく、あまりにも繊細で見事!
1.幹部の鶴見さん、、大袈裟感がなく、抑え気味が絶妙なタッチ
親分を支えるここでのクールさ、若頭役がぴったりだった

1.親分の永島さん、、何かこう、、いいんだわ~♪ここでの永島さんが!
親分肌ではない(見え方として)、ちょっと天然が香るような微妙さ
ワタシ的に言うと、逆に似合わなさが好き

そして、アニィと慕う一馬(一八君)と、その兄ィ役のたけし殿が見せる愛
一馬!一馬!と呼ぶ、タケちゃんの両極がいい

相撃ちして、静かに倒れこむバスシートでのラスト
タケちゃんの場合、アウトレイジでもそうだけど、撃たれても刺されても
あ~!とか、う~!とかの叫びをしない、実におとなしい(笑)
ここが上手いし、本物って感じ☆

という訳で、、いいんだなあ~この映画・・・!
当たり前かも知れないが、みんな、上手いんだよなあ~

これまで、日本映画に対し、顔ぶれの豪華さだけで引く所があった
どこか見せ場の数とか、時間とか、出演の顔に対し、ただただ勿体無い
そういう見え方だ、と自分の中で決め付けていたからだ

しかし、今、それこそが、顔見せ程度のハイライトとしてスクリーンに映り
観る者を掴む要素だ、と思うと、美味しいものは、あれこれ考えずに
味わうのが一番!と思えてきた(^^)
 
最近、公開された「GONINサーガ」の若さも話題だ
彼ら(遺児)を支えたのは、先の顔ぶれが成した
功績であることに間違いない

演じ手にそれを出させた、作品としての魅力と
監督の手腕が光る


11380835_966203000065027_1427147942_n



しかし、やっぱり・・・どうしても・・・ここで、もう一度言おう

根津さあ~~~ん!!!
あなたは、やっぱり素敵です~~~!!!

(※各フォトは、サイト画像からお借りした

加筆修正、再投稿 2015.10.21


モノクロが出す欲望の恐怖・・・(蜘蛛巣城)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!







時が経っても、鬼気迫るもの
美しくも、闇の重さと、濃淡深いドロドロ感・・・

いつまでも子供のようにわくわくする、、そんな大好きな作品!
詳細はウィキにあるから、ここでは個人的視点で、、(笑)

ワタシ的に、ツボな箇所が幾つもある その中の一つが
よく聞こえない音声にあって・・・(笑)どのシーンもそうなのだが、特に
主人公宅(館)に伝令する使者ら(土屋さんの3役らしい)の
台詞言い回しが、急いでいるからかペラペラと速く、どんなに音声を上げても
一体何て喋っているのか?てんで聴き取れない、、まるでテープの早回しの
ようで字幕でもないと、話す台詞が分からない、、〇×▼#???...(++)

何度も見ていたら、それがだんだん可笑しくて、日本語音声なのに
字幕が必要だ、と思ったのは、きっとこれが初めてじゃないか、と、、(笑)

何せ、人とは違う箇所にミョーにHITするせいか
ペラペラ早回しの分からなさに笑い、台詞とはこうだ!とばかりに
太くハッキリした声が魅力なお殿様、三船さんの声に反応しては
繰り返す観賞、、わはは!そういうちょっと変なスタイルなのだ

そして、監督作品に必ずある有名な場面が、大粒の雨
それに鎧武者姿で馬を走らせる、、騎乗だけでも凄いのに
三船さんの乗馬シーンは、どれもダイナミックで素晴しい!


img_2




「蜘蛛巣城」の魅力は、モノクロ映像が出す恐ろしさにある
人間の愚かさ、醜さ、欲望にまみれ、殺し合い、繰り返す、、
戦没した亡霊が、お前らもそうなるのだ、、と腹中で笑う

まるで憑かれたかのように、意のままに操る奥方(山田五十鈴さん)の
表情が見事!能面を参考にした静けさ、、これが美しくて、一層怖い


20130910184950
throneblood




裏切りに躊躇し心乱れる殿方に、隙あらば攻め入られる敵への恐怖と
世継ぎ話を持ち出し、目を覚まさせるかの如く、事を成す、、
登り詰めた先に待っていた現実は、こんなはずじゃ、、の転落
自身も狂気していく変貌は、決してメイクだけの効果じゃない
五十鈴さんの迫真演技は、美が成す恐怖そのものだ☆

一方、三船殿方は、森の「もののけ」おババがうひょひょ!と高笑う、、
その予言通りを摩訶不思議に思いつつ、能面奥方(笑)の胸中にまんまと嵌り
主君を切り、腹心を切り、自分を城主に、と推してくれた友をも暗殺、、
戻る事の出来ない道を、強欲のままに突き進む

幻想と現実を狭間し我を失った城主は、もはや裏切り者でしかない
そして、予言通りに森が攻め、味方の矢が天誅を放つ


125635793117216213948_kumonosujou012



ラストの絶命シーンなんて、他にありえない位の鬼気迫るもの、、

弓矢の名人なはずが、実は弟子(学生)だったというから、これまた怖い
間近で放つシーンに、マジで殺気を感じたのは当然だ
だから、演技じゃなく、本当にそのまんま、、の名シーンなのだ!
「バズーカでぶっ飛ばしてやる!」と、酔っ払った三船さんがブチキレて
黒澤監督に暴言したのは、今でも有名な話、、(バズーカ持ってたのか?)
わはは!うんうん、、どちらも「人並み外れ」らしくていい!


tumblr_nt1httMe5l1uz75quo1_500




そのラストの壮絶さに拍手なのだが、ワタシ的ツボがもう一つ・・・☆

矢の嵐を浴び、とどめが刺さり(首を貫通)、もはや悔いても遅し、と
悲哀を滲ませ、絶命する、、それまでの時間だ

硬い鎧を突き破り、ドスドス刺さる矢 腕にも胸にも背中にも、、
これでもか、とばかりに空を切って飛んでくる 
しかし、すぐには死なない、、そこなのだ!

たとえ10本でも、少しは持ちこたえられる
しかし、急所なら1本で即死、、というシーンのお手本のようだ
近距離なのか、遠いのか、、これもあるから、三船さんがよろめきながら
階段を降り、地面で終えるまで、を見事に魅せてくれる


7d95ed28




そして、モノクロ時代劇の最大の恐怖に、夜がある
蝋燭一本の明かりとは、まさにそこだけの照明であり
その昔の夜とは、闇にも近い暗がり、、そういう当たり前の設定が
今の時代劇ではありえないホドの明るさで、おいおい、LEDかい?
と言いたくなるような見え方、、(笑) まあ、これはTV番組だったり
言わば、この際細かなツッコミは置いといて、、の解釈であるから
それはそれでいいのだが、、ははは!(^皿^)

城跡が浮かぶ霧に始まり、森が押し寄せる霧で終わる
薄い空気の色と、殺し合い血を流す、染み付いた黒血色の濃さ
モノクロの中に見る、いくつもの濃淡に、見事な映像美を感じる☆

そういうリアルさと、作り出す半端のないスケール
これが世界の黒澤なのであり、妥協を認めない強さだ
しかしながら、納得し創り上げるまでの歳月や膨大な費用など、、
あれこれに衝突するリスクを考えたら、尚更、偉大なる監督と
それらに携わった、多くの理解者方々が成した偉業と思えて仕方がない

今の新時代が出すデジタル背景の物足らなさに、つい逆行するかの如く、、
真似の出来ない、不朽の映像美に浸ってしまうのだ


img_0




うひょひょひょ!
何度も嵌る、、白と黒の対比に拍手~



「固守」スタイルとアングル・・・(Golgo「ゴルゴ」13 )

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



51OiyRFTnyL



到底書き切れない程の作品に魅了され、読み続けている
変わらないスタイルと、固守する作者の思い
そして、一瞬をフォーカスする一筆の素晴しさ
惚れ惚れするアングルの数々に、毎回撃ち抜かれてしまう

※ちょうど今月はG13月間と言うだけに、CATVのChで深夜放映
されているアニメ版があって、G13ファンにはこれまた嬉しい限り☆


51QAZN5PDXL
518HCIIacLL



美しいカバーの中で、今回特に好きな表紙6枚を並べてみた

ワタシが好きなのはGの顔なんだけど、やはり彼の「目」
そのどれもが、語る表情を見せるからだ
言葉を発せずに「語り」を感じさせる目、、一筆一点が指す視線
そのアングルに、限りなく男のドラマとロマンを見てしまう
ずっとカバーだけを眺めていたい、、それ位に素晴しい


51cFiAPd35L




これまでのエピソードの中で、挙げられる名言やシーンも
ファンの数だけ上るだろう
 しかし、彼の寡黙さを表す 「・・・・・・・・・・。」
この空白こそが、最大の見せ場だ、とワタシは思っている


511Xo2+i+AL



 □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□


巻数は176にもなるロングヒットで、我が家の本棚に並ぶ
『SPコミックス・ゴルゴ13』

いやはや、これは男だけのものじゃない、、
男も女も虜になる、実に魅力的な男が描かれた劇画だ、と思う

ここで言うその魅力とは、完璧な男が背負う哀しさ・・・
依頼人の期待を裏切らず、遂行する徹底したプロ意識
自分は一人の軍隊だ、、と、作品の中に名言があるように、一匹狼を貫く
そして、それがまた堪らなくカッコよくて、哀しい、、

この作品に嵌ったのは、かれこれ30年以上も前だ
しかし、その頃は奥深さも世界情勢の動きも理解出来ず、ただただ
男の剃刀目と人間離れ(超人)の技だけを楽しんでいた、、と言える

当時、学校帰りの本屋へと毎日のように寄り道させたもの
それは、大人の男に憧れた未熟目線(笑)で見つけた『彼=G13』だった
貸本漫画に走る同級たちを尻目に、生意気な頭は本屋へ向かった
そしてなぜか、大人の男たちが集まる成人向けコーナーへ
躊躇もせずに、ズカズカと入り込む(・・・まったくの子供だ)

隣に来た学生服の姿(しかも女だし)に、大人男の目線が言う
‘‘おい姉ちゃん、、場所間違ってんじゃねえの?・・・’’の気配を感じつつ
一向に動こうとしない学生カバンの女子は、あれこれと物色するか
の素振りをしてみせる しかし、これは「一応、、」の名目であって
ターゲットである目的の『彼』は、当にワタシの照準に留まっていた
言うなれば、さっと来てさっと本棚から抜き取ってレジに行けばいいものを
大人のコーナーでちょっと立ち読みしたい、、のマセた行動願望を
くすぐったからだった 誰にでもある、、とは言えないが
要するに、ガキんちょならでは、、の年頃だったワケだ!

ワタシの学生時代は、女子とは遊ばず
男子(それもマイナーな拘りを持つ)との交流が多かった
幼少の頃から、どうも一風変わっていたらしい・・・ははは


71PBNrNh0TL



「 わかった・・・・・ やってみよう・・・・・ 」

う’’~~~ん!いいわあ~~!
引き受けよう、、よりも、こっちが好き、、
わかった・・・・・ やってみよう・・・・・
この「間」が大事なのよ、声はなくてもね、その響きが感じられるんだわ
聞いた事はないけど(笑)、美声の持ち主で有名な『彼』
ワタシにとって、デューク東郷ことゴルゴ13は
やはり、劇画の中でこそ、その色気を味わうことが出来る




慎吾旋風はゆく!・・・(柳沢慎吾の魔力)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


51amUAQ+6eL




めらめら燃える甲子園の熱気
そのまんまに、慎吾流のパフォーマンスは
火が点いたら止まらない、誰にも止められない、、


bb-nt-130430-8_m200bb-nt-130430-8_m200



「あ~~~♪あ~~~♪」
お馴染みのサイレン、、これをやり過ぎての腱鞘炎には注意!
本人曰く、そういうコトだそうだ(笑)
いやあ~、、まったく、、この慎吾魔力が引き込む力は、もの凄い
添えたサイトからのショーは→慎吾ステージ2013.4.29
一人ステージ中、ノンストップの喋りっぱなし、、しかも40分以上だ、、
50を越えても衰え知らずな、アスリート並みの体力(舌力か?

「甲子園?あれねえ~しんどいんだよ~、、」と、言いつつも
彼に手抜きの文字はない、、細かなアレンジを加え
ワンパターン化を微塵も見せない、、観客は既に知っているのに
それでも、何度も何度も繰り返す、、そして嵌る!
自分大好き!を貫き、嫌味もなく頂点に立つ
彼こそ「サービスの神」そのものだ


ph_goods02
enn0911271628016-p1




慎吾流のトーンは、もう耳から離れず
映像なくても、もはや音声のみで充分に楽しめる
誰からも愛されるキャラは、とことん自分が好きだから、、
幾つになっても、自らが楽しんでいるからこそ
我らの「待ってました!」心に、火を点けてくれるのだ



bb-nt-130430-8_m200bb-nt-130430-8_m200




新年早々、、何も気力がない、、
ウイルス熱にうなされ、風邪を引いた今年の幕開けに
慎吾流の魔力は、見事に元気をくれた☆

いつまでも、定評人気ステージを走り続ける慎吾ちゃん
ありがとな~またサイトで会おうぜ~あばよ!





☆ はじめに・・・☆ 動画に関しては時として再生できなかったり、無効によりサイトでご覧頂くものがあります。 また、残念ながら削除される場合もありますのであらかじめ、ご理解下さいませ。
最新記事
ギャラリー
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
ようこそ!
お気に入りの俳優や、映画のシーン、音楽など、ジャンルに拘らず好きなものを書いています。懐かしさで振り返る思い出綴り。「QUEENとフレディ」大好き♪個性派曲者も大好き☆ 別館に、マーク・ノップラー大好き♪(ダイアー・ストレイツ)の部屋=「knop♪knop」http://knop-mk.blog.jp/があります。※コメント欄をログインにしていますが、現在メール機能の不具合から問い合わせ等の送受信が出来ません。フォームも開かずのままですが、「好き」を呟く部屋としてお楽しみ頂けたら嬉しいです。 管理人reo18(^^)
最新コメント
ギャラリー
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • ライブドアブログ