ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


Johnny_English_Reborn_001



『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』→(内容)
(原題: Johnny English Reborn
007に落っこちた際、ローワンのパロディがあるのを知り
彼のファンでもあるワタシは、早速食いついた(笑)

「慰め・・・(007)」=「気休め・・・(ジョニー)」とは、、邦題までが
バカにしているくらいに、イケテル!







さて、作品の云々はいいとして、ラストのエンドロールで
やってくれたのが、さすがのジョニーこと、ローワン先生だ
あちこちで、あのお馴染み「Mr.ビーン」の小憎らしさを匂わせつつも
動きのベースはシリアスで攻めてくる

何度も計算され、何度も練習した動きに違いない
「山の魔王の宮殿にて♪」の時間が終わるまで、それに合わせてのオチ
その為には、メインの「切る」という動作が、いかにスムーズであるか、、

スムーズであるには、当たり前のことだが
スパッ!と、切れ味抜群のナイフで実演するわけで、散らかり放題の
いとも簡単に見えるカッティングは、一歩間違えば大怪我の怖さ
実際に、少しのケガもあっただろう、、


maxresdefault




ムービー仕様の画面右上にある、バッテリーが減っていく(笑)
他(別俳優)の作品でも、似たようなシーンがあって、実に遊び満載だ(^^)
エンドクレジットのサイドで展開される、サービスショットは
NGシーンや、秘蔵ものと並んでウレシイ特典になる

Mr.ビーン以前から、緻密な計算の元に作品が出来ているのを
知っているファンは、細かい要所にツボを持っているハズだ

物静かなローワン・アトキンソンの素顔と重ね、ドタバタとのギャップの大きさ
一体、変な顔のどれが本物なの~?(だって変な顔ばかりだしね、、ぷ

とことん笑いを見せつつ、インテリジェンスの影がそっと付いてくる
これぞ、彼独特なツボであり、ますます嵌るのだ
やはり、惹かれるジャンルであるのは間違いない!

毒といい、笑いといい、決めワザは、いつ見ても素晴しい~☆


imageCADQOZ84imageCADQOZ84
imageCADQOZ84imageCADQOZ84