ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


アカデミー前章戦!?とも言う、GG賞の祭典で
賑わっているなあ~ レ・ミゼが有力だとか、、
映画と舞台が一緒になったような迫力
ミュージカルは、誤魔化しが効かない、まさに演技実力の世界

とは言っても、受賞が云々に、さほど影響されないワタシの好みは
やはり、脇を固める影の立役者的な存在にググッとくる

今回は、受賞した各方面から繋がった色々・・・
ここで以前書いたものが、あれこれと繋がった嬉しさでもある

衣装部門では、やはり石岡瑛子さんのデザインが圧倒的!
美しくも斬新、、これまでの作品はどれも素晴しく魅了される

007の青い目にズドンとやられた年末、、未だ余韻も冷めぬ中
アデル姉さまの「スカイフォール♪」が受賞!やった!やった!やっほ~!

奇才タランティーノ監督は、相変わらずの
ハード&ブラックユーモアタッチ!
今や、貫禄さえ!?見え隠れのディカプリオがお出まし
登場作品「Django ジャンゴ繋がれざるもの」
(この「D」は発音しないそうな、、)
演じるのは、マルチな才能のジェイミー・フォックス

そこで、今回は彼にスポット!





完全にレイ・チャールズに成り切った彼は、主演男優賞に輝いた
名曲の数々と波乱な人生を綴った、この「Ray」で
ジェイミーのマルチな才能が、開花したのは間違いない!



ray-01
ray



3歳からピアノを始めたというジェイミーは、まさにRayに
なるために生まれた!・・・そう思えるそのものだった

※今回のタイトル、、「Django 繋がれざるもの」
のジェイミーということで、繋げた話なのだ、ククク(笑)