ブログネタ
キム・ミョンミン・・・素敵な人! に参加中!






数多くのサウンドトラックを手がけ、その名曲の数々に映画のシーンが
重なる、、この素晴しい感動を呼び起こしてくれるのが
ジェリー・ゴールドスミスの音楽です

重厚で、繊細で、映画のシーンをそのまま再現してくれる曲の中から
今回は、この「L.A. Confidential」を選びました
作品は、TVとかでも再三放送されたお馴染みですが、サントラ♪が
また特によかったのと、地味ながらも存在感のある豪華実力派が
揃い踏みなので、お気に入りでもあります☆

顔ぶれは、ケビちゃまこと、ケヴィン・スペイシーを筆頭に、ダニー・デヴィート
ジェームズ・クロムウェル、デヴィッド・ストラザーン、このおとっつあん組だけで
すでに嬉しい!!それに紅一点、セクシーなキム・ベイシンガーが美しい

でも、ここで注目したのが実は、若手のガイ・ピアースとラッセル・クロウ
特に、ガイ・ピアースは線の細さとは対照的なタフガイぶりを、じわじわと
見せてゆく、、なかなかいいんですよこれが!

鍵を握る「ロロトマシ」・・・ここからが、彼の計算高くしたたかだった
キレのいい頭とは別に、戸惑いと正義感の狭間を実に上手く演じていて
見ていて気持ちがいい、、この作品から注目したのは間違いないです

最後のシーンで、このジェリー・ゴールドスミスの曲がテーマとして
流れます 淡々とした中に美しいラインが入り、また走り去ってゆく
別々の道を歩むラストのシーンと、まさにピッタリです

サントラ♪には、他にもいい曲がびっしり!ディーン・マーティンなんて
もう、うっとり~な声、、クリスマス☆に聴きたい曲です





う~~ん!素敵~~寒さも好きになるわ~~