ブログネタ
キム・ミョンミン・・・素敵な人! に参加中!



アンディ・ガルシアを知ったのは、「アンタッチャブル」の時でした
駅で滑り込んで「狙いは完璧」と言ったあの名シーン・・・これぞ完璧!

今は、貫禄がついて悪役のボスの顔になりましたが、どことなく
悪にならないもの・・・彼の寂しい目なんですね
大きくて、吸い込まれそうな黒い瞳が笑っていても、深い悲しみも同時に
感じてしまうような目

アンディの作品はいくつか観ましたが、とりわけ気に入っているのが
「デンバーに死す時」邦題だとこうなりますが、これだと簡単すぎて
印象が全く変わってしまいます いつも思うのが、どうしてこんなタイトルに
なってしまうの~?・・・こんなのが多い(笑)

まあ、タイトルはいいとして、お借りしたMVはアンディのいい顔
ばかりを集めた中でも、「デンバー・・・」の時のものなんですね
本当は予告編を探したのですが、なかなか気に入ったものが
なかったので、アンディの哀愁顔にしました~

実は、この「デンバー・・・」出ている面々が、曲者ぞろい!
私のお気に入り!ウィリアム・フォーサイスさま!
渋い!渋すぎます!かっちょいいです!脇役ではベストに入る!
他にも、ロイドとウォーケンのW・クリストファー怪演ペア
トリート・ウイリアムズの壊れ具合、とどめはスティーブ・ブシェーミと
いうから、どんな映画!?ですよね 名前だけで笑える!

でもでも!これはコメディじゃありません、男のオトシマエ的な
何とも泣ける作品、それぞれが運命に逆らえず、かっこいい死に様を
目指す・・・そう映るのかなあ~

アンディが受けた依頼主が闇のボス・怪優ウォーケンのとっつあん(笑)
これを遂行するために集められた助っ人がフォーサイス兄貴と
ロイド爺様、トリートと他1名(忘れた~) でも、失敗に終わって
闇ボスは許さず処刑命令を出す、この処刑人がブシェーミさん!

唯一、ボスの情けはアンディだけは救いたいと思ったのか
デンバーを離れろ、それでチャラだ・・・実際、どうだか!?
で、アンディは集めた仲間を見殺しには出来ないと残る
最後の華を見せてやる・・・だったかな?

華と言えば、紅一点の美しさでガブリエル・アンウォーがいますね
綺麗な女優です 目立たないのにしっとりと光る
男が一瞬で倒れるもの(!?)を持っています ホントに美しい

実は、大好きなフォーサイスさまで紹介したかったのです(今頃?)
うーーん・・・目立つ作品は~コネリーさまとケイジのガッツリタッグ
「ザ・ロック」で、FBIの役と言えば分かるかなあ~ド派手な設定で進む中
一人涼しい眼をして、最後に笑うんです!キャ~(ラストの表情は最高!)

今日は一体、何を言いたいんだ???

曲者が好きだと、とんでもなくショッキングな場面でも
なぜか惚れ惚れしてしまう その表情だけでゾクゾク!

これを言いたかったのかな!?・・・reo18