ブログネタ
キム・ミョンミン・・・素敵な人! に参加中!

Maksim-Croatian Rhapsody
315JK12MG9L__SL500_AA300_
Piano Player

クラシックではなくてロック&ポップス界に堂々のデビューをしたピアニスト・マキシム。
その演奏スタイルはクラシックほど取り澄ましている訳でもなく、ポップスほど手軽過ぎ
もしない。ピアノをやっていない人や、クラシックに馴染みがない人でも楽しめる。
クラシックの高貴さを残しつつ、その高い壁を破ってくれそうな感じがいい・・・。
(カスタマーレビューより参考抜粋。)

私が知ったのはつい最近で、本館thovenaのblogのキム・ミョンミンさまに落っこちた
当初、散策の末ミョンミンさまの動画を作られている方がMVで使用していたのがこの曲
でした。その時はまだ自分の中で曲だけが先行していて「何てかっこいい曲なんだ!」
となりました。

・・・それから、このMVが取り上げられる度に「この曲が知りたい!」になり、作者さまの
コメント欄で偶然にも、この曲は「Croatian Rhapsody」というらしい(多分英語のコメント
だったと思います。)という事がわかり、「Maksim」にたどり着いた訳です。

ちょっと哀愁があって、湧き上がる感情的な表現をピアノの旋律と弦楽、シンセサイザー
も加わって重厚な響きが印象的で、思わず引き込まれてしまいます。

クラシックを正面から受け止めるには、私のような「ど素人」だと大変難題ですが、この
マキシムのアルバム「ピアノプレイヤー」は選曲がクラシックの名曲でありながら、完全
な独自のクロスオーバーアレンジをもってまた別の世界を聴かせてくれます。

ミョンミンさま繋がりではありますが、ベートーベン・ウイルスでクラシックに目覚めた
私としては、高貴な正統派も、新風を吹き込む派も同じ五感を揺さぶる音楽に変りは
ないと思うので、ここにご紹介するのであります・・・reo18




いい動画と曲、作者さまに感謝・・・☆