ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


映画で、印象的なもの・・・これは
好きな作品や、俳優へのひいき目で
かなり個人差があるだろう

特に、シーンに関しては、拘る域が果てし無い
ワタシも然りで、見逃すかも知れないような一瞬の表情
それは、やはり「目」が決め手であり、堪らなく好きなのだ





「HEAT ヒート」は、2大俳優顔合わせのイメージが先行する
 それに増して脇役も素晴しい、どの顔を見ても知らない顔はない、、
と言える位の豪華な面々に、その数だけの見所と、唸るシーンが満載!

それでも、やはりデ・ニーロさまが好きなワタシには
ひいき目が発生してしまう(笑)
彼の演技へのアプローチが物語るように、どのシーンも
「ここが好き!」のカウンターがカチカチとプラスされていく

数え切れないくらいのカチカチの中で
特にワタシが1番!と挙げたい印象的なものを
動画で探したが、当然無かった
そう・・・たった一瞬だからだ


heat



作品が好きな人なら、もうお分かりだろう
孤独な男が安らぎを得て、高飛びへの道へひた走る
一瞬に見せた、安堵の微笑み、、

恋人を連れ、何も迷わずに走ればいい
それなのに、優しい目は一瞬で煮える復讐の目へと変わる
たった一瞬よぎった「オトシマエ」への為に、ハンドルを切ってしまう

タイムリミットが迫るのに、狼は、安らぎと言う「飢え」よりも
燃えるような「怒り」の分かれ道へと走った
これが、運命の瞬間・・・一番好きな、一瞬のシーン


HeatNeilEady



一夜限りの恋人、、イーディ役のエイミー・ブレネマン
何もかも捨てて、、先の見えない不安、頑なに拒み、迷う
そして、死ぬほど寂しいと言った相手、、

同じ孤独を知り
連れ去ってくれる男の腕に身を任せる


0003_robert_de_niro_wallpaper_heat



徹底した貫きの人生、男の哀しさを背で表す、ニール・・・
デ・二ーロ作品の中では、特に好きなキャラクターだった

まだまだ見所満載な「HEAT ヒート」を
きっと、また何度も語るだろう