映画・音楽・ いい男たち

懐かしい思い出や、好きなものを書いています♪

或る日のMV・・・(ナオト・インティライミ - LIFE ♪)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


無題



やって来る「突然」というものは、面白い

或る休日の午後、全く観ないハズのチャンネルを点けた
それは、聞き覚えはあっても名も顔も知らない音楽の世界
有線から入る耳馴染みの曲、それでも何も知らない
だからと言って、探すでもなく、ただフレーズやテンポの端っこを
何となく知っているだけ、、所詮、ワタシはそこまでだ(笑)

しかし、この日は違った、、とあるチャンネルで流れた
今月の注目曲、それがこれナオト「LIFE」♪

流し聴きしていたワタシの耳に、この曲が飛び込んだ
それは、ひとことで言う「心地よさ」
音楽をはじめ、好きなものが限られているワタシは
チャートはおろか、TVで何が流行っているのかも知らない
ましてや、J-POPの横文字アーティスト名に
どんどん遅れを取り、誰が誰なのか、チンプンカンプン、、

そんな或る日の突然に、目にしたこのナオトさんのMV
始まった展開は面白く、そのいい感じに早速のサイトチェック!
知った後のリピートが数回、数日、そして耳に残ったわけだ


Education-Green-Electricity-Mac-Sustainable-Energy-Pictures



何だろう、彼の、と、いうか、曲の魅力は
ワタシの好みに、するりと嵌った
とにかく、聞き心地がいい
これは、メロディラインも勿論、彼の声のトーンだろう
ハリのある声だが、強く出ない、押し付けもない
それでいて、メッセージ(歌詞)を印象に残す
嫌味のない流し方で、ハイトーンの域がとても綺麗だ

ワタシの場合、あれこれと考えて聴けない性質なので
耳が選ぶ基準は、単純に「心地」なのだ

こうして選ばれしものは、必ずいつかまた振り返る
或る日の突然は、ちょっと不思議でいい空気だった


green-frog-blair_1421_600x450




ギャップが魅力・・・(Ben Miller ベン・ミラー)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



article-0-16BB7A52000005DC-90_634x768



AXNミステリー専門チャンネル→ミス・パラ☆
新シーズンが始まったのはいいものの・・・
ハマリ役だった看板のリチャード、、こと、ベン・ミラー
彼が好きだったのに、交代してしまったのね
だから観ないのよね、ゴメンね、他のキャストはいいのよ、、
でもね、やっぱり看板はリチャードじゃないと、ダメなのよね、、
だって、彼のキャラクターだからこそ!
何と言っても、ギャップが魅力のドラマだったんだから


3315401-low_res-death-in-paradise-series-2



都会ロンドンのお堅い刑事と、リゾート地カリブの緩さ
砂浜にスーツ姿!?これだけでギャップの魅力は合格点だ
特に、このリチャードの典型的さ、型からポンと出したように
暑苦しいスタイルを守り抜く、、いいんだわ~これが!

少しでもチャラさが出てはダメ、生真面目の一直線で
その合間に見せるキュートさが、まさに絶妙だ
こうした嵌り要素を持つ典型は、主体と周りの落差にある
それがメインのイメージであり、ミス・パラの持つ最大の魅力だ
だから、主役のベン・ミラーの効果は大きかった
ワタシは、彼のためのドラマであった、と言いたいのだ
と、過去形にしてしまったが(笑)
まあ、キャラクターの持ち味もあるし、新シーズンも
変化が生まれ、いいかも、と思うのだが
ワタシはやっぱり、ベン・ミラーのリチャードが好きだ


paradise-452878
01_19_60MB-537x350




紅茶を愛するブリティッシュ、、
その空気を何とか崩そうとする周りと、頑なに固まる
主人公の距離感は、言葉なしで十分笑える
暗く悲惨なミステリーの典型を、リゾート色にした
言い換えれば、異色さがファンを誘うのだろう

そうそう、黄色のディフェンダーも看板だったなあ~



色よ届け・・・( "A Tribute to Eiichi Ohtaki 大瀧詠一メドレー♪")

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


balloonssilhouettesky-7aff191127d0cd73392223704615b0ac_h1




言いそびれては、気が付き
見上げては、声を限りに叫んでも
そこは、あまりに遠い場所・・・


tumblr_static_5t17p0fs7g0skow8k84koc0s4
balloons_00380794




思わず、手を振りたくなるような光景だ
遠い先の全てはきっと、見上げる声に
耳を澄ましていることだろう

何度も何度も振り返って
懐かしく思い出すことができるのは
どれだけの時間の後だろうか

シーンは違っても、繋がる想いは同じ
その心模様を、ここに込めてみた
添えるのは思い出の宝箱E.Ohtaki♪

この中にある曲「スピーチ・バルーン」
スローナンバーの歌詞がとてもいい
人の重さ、物の重さ、それぞれが馳せる重さは量れない
だから、その数だけ沁みると思う

ワタシは、特にこの曲が好きで
繰り返し聴いた
PPMのPuff the magic dragon♪と
刻まれた名曲アルバム「ロンバケ♪」への
オマージュを贈り、今年も空を見上げる日にしよう☆


tumblr_ma74yhIW7n1rs6wlqo1_500




*・゜゚・*:. Remember 520people's 1985.8.12 JAL123 ..。.:*・゜


思い出はモノクローム 色をつけてくれ、、
名曲の歌詞のように、遠い空はきっと色のない世界
だから、鮮やかな色と声よ届け!と思えてくる




流れる雲のように②・・・(The Big Lebowski ビッグ・リボウスキ)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



biglebowski_112pyxurz



「流れる雲のように・・・」

前回に続いてのタイトル
それは、曲から繋がった作品
そして、自由そのものを感じさせる男たち


big-labowsky-beach
the-big-lebowski-and-brandt
nihilists
Picture-151



何と言っても、J・ブリッジス演じるデュードの自由さが堪らない

沢山の画像をお借りしてペタペタしたが
ここには挙げ切れないほど、名シーンがある
そのどれもが笑える、どこから見ても笑える、、

大好きな主人公のデュード
どこか変なんだが、一応(笑)「まともな男」に映る
なぜなら、その周りがハンパなくおかしいヤツばかり、、
そのネジ具合も幅があり、まともなデュードに絡んでくる
①ちょっと変なヤツ、②だいぶ変なヤツ、③絶対イカレたヤツ
と言った具合に、シーンの画像を見ただけで
何度も何度も笑えるのだ

病み付きになる作品は数あれど
笑いのツボで挙げるワタシのベスト作品は
未だに、ダントツの一位だ

mqdefault



スモーキーを演じたジミー・デイル・ギルモアさん名シーン☆
シンガー、俳優、とマルチな才能で楽しませてくれる

ゆらゆらの雲の流れは
  自由な男たちに繋がった



流れる雲のように①・・・(Un Prophet 預言者)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!







ゆらゆらと、流れる雲のような曲

幾つものカバーを楽しんできたが
名曲「Mack the Knife ♪」が、こうもアレンジで
変わるものだ、、と、楽しくなった→Jimmie Dale Gilmore ♪

先日、深夜の映画チャンネルで見た作品
それが、よーし観よう!と、思ったのではなく
ただ、流して見ていた、、

ところが、いつの間にかズーーンと引き込まれ
とんでもなく印象に残ったのが、この作品「Un Prophet 預言者」だ


a_prophet141-e1265860978956
81dcf378639e6c6d9052653e7e2b1097aprophet1 
Un-prophete
a-prophet-shootout



静かに過ぎて行く囲いの中
守られているはずの身は、人種の壁を崩し
売り、売られ、の無法地帯に放り出される

操る先の手足は、やがてその糸を切り自ら動き出す
見下ろし翳す者は、いつしか見上げる者に
手足を掃われ、群れを失くしていく・・・

どの国でも描かれる、お決まりの抗争物語でも
映像のトーンだったり、静けさだったり
独特の味わいがある☆

話題も何も知らずに見た作品だったが
気になってあれこれと遡ったら、立派に結果が出ていた
米アカデミーに当たる、セザール賞の歴代を眺めると
自分の中で、次から次へと繋がっていくのがまた面白い
それは、直接でなくてもいい

例えば、コルシカ群(笑)の※中親分役、ニエルさんの
劇中名が‘‘セザール’’とか、(※大親分は囲いの外に居る)
J.オーディアール監督のデビューに出演したM.カソヴィッツ=C.リバー
準主演のV.カッセルは、前年のセザール賞=主演男優受賞だったり
次回②に詳しく書くが、曲の繋がりだったり、、と(笑)
無理矢理!?の如く、自分の頭でくっつける面白さなのだ


A-Prophet
126278333919816110834



若手の注目俳優となった、タハールの孤独な表情がいい
オフで見せる、溶ける微笑とはあまりのギャップだ
ワタシにいつも灯るのは、実にいい男こそ持つギャップなのだ
始まった「気になる、、」から「好き!」への流れは
いつかどこかで繋がる嬉しさになる

「Un Prophet 預言者」のエンディングでかかる
アレンジ曲(Mack the Knife ♪マック・ザ・ナイフ)
歌うのは、次②で紹介するJ.D.ギルモア兄貴
殺し屋マックが、皮肉にもユーモアっぽく描かれる歌は
歌い手のカラーで、その惨劇がなぜか笑えるものになる

これを聴きながら感じた、今回のタイトル
流れる雲のように

a-prophet-closing



タハール演じる主人公の孤独なマリクが
出所する時には、温かな‘‘家族’’を感じさせる僅かなシーン
同じ速度でゆっくりと過ぎる、何事もなく流れていく日常
それが雲の動きそのもので、とてもいい、、



混在の影と共に・・・(John Cusack ジョン・キューザック)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



John_Cusack_official_portrait


隠し持った陰
ジョン・キューザックの魅力はそれだろう
笑顔眩しい好青年から、謎めいた顔を見せるサスペンスまで
彼の演じる幅は広く、多彩だ

個性的、、と、よく表現される曲者俳優や名優など
数多く存在する演技の世界で、それほど目立たずに
でも、必ず印象を残すのがジョン・キューザックだと思う


johncusacklogoJOHN-CUSACK
johncusacklogoJOHN-CUSACK


それは、彼の容姿だけではなく
背景にある分からなさ、、
このフォトのバックのように、混在する「モノ」の影が
無言の表情の中に、いつも見え隠れするからだろう


f_JohnCusackWm_d31f384


ワタシは劇中で多くを語らず、さりげなく困惑を漂わせ
独特の「考え中、、」のような顔を見せる彼が好きだ
それもワンパターンではなく、作品ごとに色々な表情があって
視線を外した一瞬の中に、別の世界で物事を見るかのような顔

これじゃよく分からないワタシ流の説明なのだが
とにかく「考え中、、」の表情、、う~ん、、彼のファンの方なら
分かってくれるかも、、(全然分からない!?)・・・   カーン♪(笑)

謎こそが最大の魅力☆
ワタシの「好き!」をくすぐるのは、いつもそれなのだ


tumblr_n71y80GqSR1rnwo4uo1_250tumblr_n71y80GqSR1rnwo4uo1_250
tumblr_n71y80GqSR1rnwo4uo1_250tumblr_n71y80GqSR1rnwo4uo1_250


男にとって、年齢と共に渋さが演じる幅になるだろう
しかしそれは、無理に出そうとしても
備わるものではなく、変わらないことも魅力であり
一つの個性だと、ワタシは思っている

長い俳優人生の中に居て
ずっと変わらない印象のジョン・キューザック
いつまでも若々しく、謎めく影を持っていて欲しい
それが似合う男だ☆



互角こそ魅力・・・(Clive Owen クライヴ・オーウェン)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


TKE4-620x160



2011年公開の米映画「キラー・エリートKiller Elite
曲顔の男達、それは誰が主役でもなく互角の競演に見える

ワタシの目を刺激するのは
キレのあるアクションは勿論のこと
相対する者が強敵であるほど、魅力が増す

それが、この作品でめっちゃ暴れのシーンを見せてくれた
二人の男、J・サムこと、ジェイソン・ステイサムと
変幻自在の多面でブレイクした、クライヴ・オーウェンだ

(※ここからはいいシーンに、思わず付けた勝手な会話にて

killer-elite-movie

なにぃ~?眩しいだと~?言いやがったな~!コノヤローッ!(J・S)

Jason-Statham-Clive-Owen-Killer-Elite

やかましい~ッ!ホントじゃんかーッ!暗くしやがってバカヤローッ!(C・O)

killer-elite-clive-owen-jason-statham

くっそーーッ!もう許さんぞーー!(J・S)
イテテテーーッ、何しやがる~~ッ!(C・O)

cliveowenjasonstatham290-e1315852532291

うががが、、ぐぐぐ、、ま、負けるか、コノヤローッ、、(J・S)
ハァハァ、、どうだ!?、、参ったと言え、、バカヤローッ、、(C・O)

clive-owen

てめえ、いい腕してるじゃねえか、、どこで習った?(C・O)

killer-elite-stills-011

ケッ、そう簡単に教えるか、ってんだ、、あばよッ!(J・S)

main

・・・何やってんだ?あいつらは、、
ムダにエネルギー使ううちは、まだまだだな、、俺は高見の見物だ
(重鎮デ・ニーロさま、、う~ん、いつ見ても素敵!)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ウシシ!、、っと、まあ~言いたい放題のワタシ、、
勝手な会話は、まるでおかしなシーンのように見えるが実は違う
フォトの流れは、二人(JS&CO)の見所、めちゃ暴れのシーンで
これがまた互角の腕前、足前、のアクションで凄いのだ!
どうせ暴れるなら、相手も強くないと面白くない!
いやあ~実にパチパチの素晴しさだ!


Killer_Elite_Robert_De_Niro

顔見せ的存在のデ・ニーロさま、、もう貫禄の師匠って感じ
倒れたJ・サムのカバーで援護するさまは、名作「ヒート」で見せた
銃撃シーンでヴァル・キルマーとの場面を思い出す

しかし、しかし、、今回のチェックは互角を見せてくれた
幅の広い俳優、クライヴの魅力に決まったのだ


tumblr_lo3nz9JtRu1qawt1wo1_400
1316446601-121316446601-12


ソフトな印象が、役に入るとまるで別人、、
これが俳優職が持つ、最大の技だろう

いいクセ顔の男たちが、互角に魅せる世界が好きだ☆





美しき悲劇・オセロ・・・(Laurence Fishburne ローレンス・フィッシュバーン)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



large_f9f4d7pJVhM8jRIqC6pd5NZaZHC0014411photo




決して脇が甘いわけではないのに、刺される主人公たち

災いの元は横からチクチクと、いらぬ囁きの針を刺す
それが招く悲劇=シェイクスピアの四大悲劇

その一つにワタシの好きなOthello(オセロ)がある
もう随分昔に観た作品だが、やはり俳優の印象は強く残る
それも好きな曲者が出す色と香りは
どうしても遡って味わいたくなる


othello
Othello_1995




↑そのチクチク囁くのが、この人(上は右、下は左)
そう、このイアーゴ役のケネス・ブラナーが上手いのだ
1995作品のOthello オセロは、監督の視点から見所の押さえが分かりやすく
かつ、ナレーションを用いた異色の味を出している
さすがは、シェイクスピアもの専門域のケネス監督であり
自らも演じ手の俳優だ☆

しかし、何と言っても!主人公のオセロを演じたL.フィッシュバーン
これがまた!もう、最高の色香なんだわ、、う~んセクシー・バーン!
有名どころじゃ、あのマトリックスのモーフィアス隊長??
うんうん、これもなかなかいいんだけどね、いや~ワタシ的には
折角の鋭く綺麗な目を、グラサンなんかで隠したらダメなのだ

ここでは、信じて突き進むハズの心が、いらぬチクチクのせいで
ヨロヨロと迷い、猜疑の塊が襲う 裏切られ、挙句に絶望が待つ
その感情を目に表す揺れ具合と言ったら、、
いやもう~素晴しい~ 素敵なバーン!(笑)


2vceqrq




鍵となる最愛の妻、デズデモーナ
演じたイレーヌが出す一途さが、また効果を増す

曲者の存在感と、対比する一点の花が
物語に一層の美しさと、悲劇を感じさせる
何度も味わう、お気に入りの作品だ☆




見えない声の威力・・・(Taken 96時間)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



細かなツッコミは、どの映画にもある

それは限られた時間に押し込まなければならない
という最も難しい、というか厄介な制約と
見せ場であるシーンのテンポ、その勢い
じっくり型のドラマやサスペンスでは、決め手となるオチと
どんでん返し的な変わり身の面白さ

そういった諸々に、我々観客は自分の好みも加え
好き勝手に言いたい放題
しかし、ツッコミつつも、このシーンが好き!とか
文句なしにカッコいい!と思うその一瞬さえあれば
印象に残る、それが映画だ☆

そして、またワタシのツボを刺激した一つがこれ!


___156



何せ、リーアムのキレが文句なしにズドンだ!

言っておくが金はない
だが、俺には・・・特殊な能力がある
娘を渡さないのなら
お前を探し、お前を追い詰め
そして・・・

ぐーー、、劇中でリーアムが言うこのセリフ!
これを聞いただけで、頼もしいパパがきっと見つけるんだ
何が何でも、絶対に助かるんだ~(^^)
と最初から、安堵してしまうんだわ、、

しかし、これがもしも「身代金目的」という現実なら
最初から金欠を口になどできっこない
犯人の怒りを買い、何をされるか分からない
交渉も決裂、父がいくら特殊なエスパーを使っても
見つける前に、とっくに腹いせされ、愛しい娘は犠牲になる
・・・と、ツッコミするところだが、、

そういうミョーな現実性を横に置いといて(笑)
文句なしに、リーアムのカッコよさに持って行かれるのだ☆


liam-neeson-taken2
Liam_Neeson_-_Taken_73284a
taken-phone



ワタシ的にこの映画のツボは、長身のリーアムが繰り出す
瞬き一瞬のアクションと、構える銃とその物腰、、
と言いたい所だが、実はそこじゃないんだなあ~(p_q)

そう!このフォト!このシーン!
彼独特の低く響く声、いい声で話す電話のシーンだ

見えない相手に対し、確実なる切り札を声で放つ
必ずお前を探し出す!
動揺するどころか、抑えた怒りで圧倒する決定打に
観ている方は、もうもう痺れるしかない

そして私的ツボでもある、男の人が電話を持つ姿
これがなぜか、無条件に好きなのだ、うはあ~


350-i-will-find-you-and-kill-you
liam-neeson-in-TAKEN2




シリーズ化された続編は知らない
ワタシにとって、評価云々は何も関係しない
個々の視点も好みも違うものだ

カッコいい~、美しい☆、楽しい♪、それが一番!
映画やドラマはそれでいいのだ




黒い魔法の夜・・・(QueenⅡblack side♪)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



dark-gothic-fairy




Queenのアルバムで、最もドラマティック、かつ別世界へ
連れ去ってくれるのは、初期の作品の中でも
セカンドアルバム「Queen Ⅱ」だろう

別世界へようこそQueen II Side 2 ("Black") Medley 1
   ("Black") Medley 2

LPこと、レコード盤時代にしか味わえないノンストップ演奏
特にB面のブラックサイドは、聴き手の身体を丸ごと
魔界へ引きずり込むのだ☆


Artwork _ 7



魔界への案内人は、雲を引き連れ
辺りをありとあらゆる色に染め上げる
それは暗黒から美しい絶景まで、甘美と混濁が入り交ざる

そして、気がついた時には もう、そこから逃れられない

こうして、何度も何度も
魔界への道を味わいたくなる



BlogPaintBlogPaint



魔界の使者、フレディの眼差しは
黒い女王のイメージそのもの

伝説となったQueen
彼の描く世界は、過ぎる毎に新鮮で堪らない!
言葉もいらず、ただその魔力に酔うばかりだ

今日も、魔界のノンストップ馬車は
どこかで人々を狙い、魔法を掛けているに違いない

・・・とうとう、人さらい扱いになったフレディ、、
ワタシの勝手な魔界描写のせいね、ひゃあ~ドロドロ~♪
また会おうね~素敵な魔王&女王フレディ!






お洒落の極意とは・・・(The Marriage Circle 結婚哲学)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



marriagecirclestill



E・ルビッチ監督が描いた、恋愛映画の傑作
甘美なる男女の物語は、大人の色気だけではなく
お洒落さに溢れている(結婚哲学

lubitsch-marriage-poster
d0117645_14111497



1924年作品のサイレント(貴重な映像→)は
その古さを感じないどころか、洗練された上品さが新鮮だ
それは、今の時代にない上質な香りに思える

サイレントが見せる、演じ手の誇張的なものを一切感じない
表現する動きも表情も、コミカルなタッチでありつつ
ベースにあるものは、優雅さと気品
それにキャラが加わり、モノクロの中にあるカラーを出す
全てが「お洒落」という色になるのだ☆

Marie Prevost + Adolphe Menjou - The Marriage Circle (1924)yjimageQDHTCQ62
Florence Vidor - Marriage Circle (1924) concernyjimageVD2A6CFH
22161341The Marriage Circle (1924)
Marie Prevost - The Marriage Circle (1924) rebuffedMarriage-Circle-Menjou


ワタシが嵌ったのは、浮気、不倫寸前のシビアな状況を
完全なユーモアで流すE・ルビッチ監督の腕だ
その流れを一層‘‘粋’’なものにした、名優らの共演
(M・ブルー、A・マンジュー、M・プレヴォー、F・ヴィダー他)

サイレントとは、当然音声(BGMは除いて)は出ないわけで
演じ手はフツーに会話をしている 観る側は、音(声)の出ない画面で
役者の口パクパクを見ながら、状況を感じ取る
勿論、セリフ専用のカットも入るのだが、字幕なしだと
僅か数秒だけ映る単語の切れ端から、想像するしかない

それでも、クスクスと笑いを誘う面白さ、、
音声なしでも、十分に笑える、、これが嵌る一番の要素だろう

二組の夫婦と、独身医者、これが入り乱れ翻弄し
誘惑したの、されたの、、と、お笑いドラマのような関係で進む
しかし、ドタバタではない紳士淑女のカラーなのだ


the_marriage_circle-61the_marriage_circle-2


中でも、Dr.ブラウンを演じたモンテ・ブルーさん
すらりと長身の彼が、妻のデレデレぶりに終始愛想笑い
大きな身体で、そそくさと動く

一方、彼のパートナー(同じ精神科勤務)のDr・ミューラーは
Dr・ブラウンの妻に惚れていて、その物腰は日陰で見つめるような
それでも熱い視線、、この差がなかなかいい

そして、事の発端とも言える原因の主が(笑)
ミッツィーこと、M・プレヴォーの色気


2216134122161341
Florence Vidor - Marriage Circle (1924) concernFlorence Vidor - Marriage Circle (1924) concern


ミッツィーの親友が、Dr.ブラウン(モンテさん)の妻シャーロットで
演じたF・ヴィダーの、か弱くもデレデレの合間に見せる
冷静で、時に不安定、そして気品の存在が光る

上に添えたフォトの8コマにもあるように、映るカットだけで
物語が見えるようだ
ぐるぐる回る5人の状況が、The Marriage Circle
まさにタイトルの通り、サークル!


Marie Prevost - The Marriage Circle (1924) rebuffedMarriage-Circle-Menjou


 何と言っても、冷静のトップがミッツィーの夫
ストック教授役のA・マンジューさんだろう
蚊帳の外的な存在だが、それが転じ決定打を放つ
おたおたする男女の中で(笑)、独り、動じない立ち位置で微笑する、、
実に絶妙なタッチが見事!

そして、その決定打が、ラストに向け
新たなドラマを見せてくれる事になる♪


1370029405554


秘かに想い焦がれる・・・
ジェントルの見本であるシーンに、目が留まる

時にスマートに、時に狡猾に、、
いつの時代も、男と女の駆け引きは終わらない

90年を遡り、お洒落さの極意とは、、を感じた素晴しい作品だ☆





ペニーワイズの顔・・・(IT イット)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


41kYpBzzePL__SL500_AA300_




恐怖のピエロこと、ペニーワイズ
スティーヴン・キング原作の「IT イット」では
白塗りのピエロが、夢か現実か、、の恐怖を
とぼけ顔と、おぞましい変貌の二面でぶつけてくる


20130624155230
007



子供はおろか、大の大人でさえ夢見の悪い顔だ ((( ;゚д゚)))
しかし、ストーリーを無視するわけではないが
ワタシの視点ポイントは、このペニーワイズというキャラクターを
生き生きと演じ魅せた、役者ティム・カリーの凄さに留まる

このティムさんを知ったのは、トム・クルーズ主演の85'年作品
映画『レジェンド / 光と闇の伝説』(原題:Legend)で、ティムさんが演じた
闇の魔王のインパクトは最高、、今でも強く印象に残っている



no title


さて、ここでは闇の色とは一転、目にもまばゆい真っ白!
そのピエロの印象は、どの場面でも大きな口を開けて
ウハッウハッ!ガハハハ!と笑う、、これぞ道化の真髄ともいえる
おどけ動作は、恐怖の前に可笑しくて仕方がない
こいつ、まったくふざけた野郎だ!と言いたくなるが
魅せるパフォーマンスのツボを心得た、ティムさん演じる
道化の動きに、ただただ唸るしかないのだ


9707974ec2fd62821288dddce27e00a0
tumblr_m7l65b7mzW1rawb5do1_250



オレンジのボンボンを胸に付け、ダボダボ着ぐるみ状態
何やらぐるぐる回しては↑ 高笑いする真っ白ピエロ、、
衣装といい、顔といい、ネジ巻おもちゃのようで笑える!
サイトにはこうした動く動画があって、面白く思わず見入ってしまう

賞賛したものの、ペニーさんのお顔はお世辞にも
美しい画像ではないので、、(いやはや、失礼、、(笑))
変貌した恐怖顔は、それぞれの場所で見ていただくとして・・・

もうすぐAXNのミステリーチャンネルでも
放送されるようだし→It TV☆
真っ白ウハウハ!の顔を、また楽しみにするとしよう♪






いい顔ザクザク☆・・・(セクシーHiromi Go!)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!








さて!名曲、シンガー、そして歌の時代「昭和の歌謡曲」は、数え切れない
中でも、枯れずに魅せ続ける人は何人いるだろう、、
ワタシが思うに、Hiromi Goは間違いなくその一人だと思う
エンターティナーの裏にある「人一倍、努力するひと」
おまけに、こちらも添えてみた→How Manyいい顔♪

さてさて!冒頭は、Go!のセクシー熱気で始まったが
今回はタイトルの通り、その名も「いい顔」
今、とっても気になる顔、ずっと気になる顔、これからも好きな顔
ゾクゾクのザクザク~っと!

いつもは、洋画カブレの青い目にクラクラ頭の所だが(笑)
ここはひとつ!我がニッポンのいい顔に注目なのだ♪
並びは順不同にて、ジャジャジャーン☆



1013832_517664931680773_1315880922_n
softbank478sbcm_480x
 o0372032812458086007p6
maxresdefault 
t02200165_0450033711075570546hqdefault 
yoshi02
G20130602005928490_viewG20120701003582090_view



・・・っとまあ~、、この並びの関連性はどこにもない(笑)
ワタシに灯る「いい顔」のスイッチは、いわゆる「イケメン」ではなく
大きな理由などいらない「個性と味」なのだ

中でも、CMで話題の顔ぶれは、その僅か数秒のシーンでオチを決める
そこに俳優の集中した入魂が感じられ、プロのなせる技だ!と
惚れ惚れするのだ

そして、お笑いも然り
古風な漫才スタイルが好きなワタシにとって
新旧の移りはあっても、やはり抱腹ツボを心得た彼らに
唸るしかない

ここに挙げたワタシのチョイスは、ほんの一握り
まだまだ選ばれし「いい顔」は、わんさと存在する

※フォトは、各方面からお借りしたもので
一人一人のアングルを選ぶのに苦労するくらいに
How Manyセクシーフェイスばかりだった



go_02


すべてが堪らずSexy You~


 






深く静かな謎を秘めて・・・(Jennifer Jason Leigh ジェニファー・ジェイソン・リー)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!








J
.J.Leigh、こと、ジェニファー・ジェイソン・リー
作品での彼女の印象は、陰影と言った所だろうか

特に目立つオーラがある訳でもない
奇抜なスタイルで役を演じても、静かに秘めた謎が勝つ
ワタシは、彼女のその独特な雰囲気が好きだ



j-f-partagerait-appartement-1992-17-g
Single White Female
00299674_lg
16




体当たり感情の後ろにある、一種の開き直りのような表情
美しさの中に、孤独と冷たさが同居した緊迫

一つの眼差しに、幾つもの起伏を見せる
不安定な壊れ物のような、明快な分かりやすさではなく
深く静かな謎、、これが似合う

僅かな映りの時間に、その存在を印象付ける
J.J.リーは、その個性派の中の一人だ


72bebc62af4b79afe6aacac60f0e31da




80~90年代に見た懐かしい作品と、つい最近、僅かな映りで見た
彼女の翳りが、また一際光った

曲は「Last Exit To Brooklyn」より、演じた彼女のテーマ「Tralala♪」
サックスは、クリス兄貴、マークのブルースギターが小粋に流れる



枯れない男達・・・(フィル・コリンズLive and loose in Paris♪)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!







いやいや、、まったく!
楽しくて仕方ない、笑えて仕方ない、ノリの良さがハンパない!
何度見てもいい!フィルの旦那(笑)のライヴは
仲間も、ゲストミュージシャンも、そして観客も
サイコーに楽しんでいる☆

これじゃ、自分達もさぞや可笑しいだろうな~と
ニヤニヤしながら観てしまうのだ


maxresdefault




サークル状のステージで、枯れないおっちゃん達が騒ぐ
ソロを交代し、主役はオレだ!とばかりにパフォーマンスする
それを黙っちゃいられないのが、フィルの旦那
歌いながらステージ雛段で、あれこれジェスチャーしてはダメ出し!?
「禁」プレートを出したり、まるでお笑い芸人のステージよね、、ククク!

掛け合いTOPのゲストは、何と真っ白衣装に身を包んだ
ベースのネイザン兄貴だ!そう、あのエリック兄さんやマークと
一緒にステージでやったよね、いいわ~この繋がりこそがライヴだ!
そして、フィルの旦那ともそれぞれが共演してるしね
ひゃは~もうサイコーじゃないか~♪

ネイザン兄貴、、お馴染みなハイトーンヴォイスは
思わず、あのフィリップ・ベイリー兄貴とのMVを思い浮かべてしまうぞ
最高峰のベーシストでありつつ、楽曲はおろか、ヴォーカリストの声を持つ
カリスマ的存在のネイザン兄貴、、ホントにかっちょいい!

maxresdefault



しかし、ダンスもスウィングも、ブラックの血には敵わない
彼らは「リズム」という遺伝子を持ち、生まれながらに天性を備えている
本当に粋で、柔軟で、楽しむ血だ☆

後半、フィルの旦那を筆頭に、のっしのっしと列を成し
ステージを周回する様子は、曲をそっちのけで笑える
大所帯のライヴでは、どこで誰が何を(演奏)しているのか
メインパート以外じゃ、テキトーにやっても分からない、、と
ド素人頭のワタシだったら考える・・・

どっこい、プロの音は完璧!音響も完璧!(当たり前だ)
さらに楽しませる余裕だから、ゾッコンになるのだ


Phil%20Collins%201997%20Live%20And%20Loose%20In%20Paris%20Front




随分前に書いた、ライヴの模様(2012.6.23)→思い出ザクザク♪

現役引退の現状であっても、ワタシには何の関係もない
大好きな曲は、いつまでもテンションが上がる
いい音楽は永遠、、そのものだから☆





計算が全て・・・(Se7en/Kevin Spacey セブンとケヴィン・スペイシー)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



Seven_(movie)_poster




何度見ても、釘付けになり動けない作品
セリフも流れも全て知り尽くし、それでもまだ飽きない
それどころか、どのシーンも深さが増す
それが、この作品だと思う

先日、専門チャンネルで放送され、久々に味わった「Se7en セブン」
‘‘初めから終わりまで、微動だにせず観たいもの’’
ワタシにとって、それをこの作品は持っている

ストーリーや映像のインパクトとか、メイン・キャストの存在感とか、、
そういった云々を超えて、最後のオチに惹きつけるもの
計算し尽くした全てを、この作品には感じるのだ

行き場のない、やるせなさ、、といった単純なものではなく
振り返っては、観客にあらゆる視点で、どこまでも考えさせる

敏腕刑事コンビだから良いものの、鈍い頭なら進展も上手く行かず
どうなっただろうか、、などと、ワタシのような捻じ曲がりは考える(笑)
そうした自由発想を与えてくれるのが、とことん面白い!


11005664_gal
4b6470ccd9fdeedeb9c4066c50feb41d



中でも、計算が最大の魅力であるケビちゃまこと
お気に入り俳優のケヴィン・スペイシー☆
この人の曲者具合は、真似の出来ないカラーがある

特に、変幻自在の役どころは有名だが、それ以上に
惹き付けるものは、印象的な彼の声だ
声量の問題ではない、よく通る声で静かにソフトに語る


df01e32d4a01866e07e92a6ad20dc57d




ミュージカルや舞台など、口を大きく開けてパクパク喋る形ではなく
ボソボソ語りで、表情も変えず、静かに語るのだ
目の動きだけで、内面を表す、、それをカメラが捉え
観客に、曲者具合をスマートにアピールする
この計算こそがサイコーに効果的で、彼の「してやったり顔」に輪をかける

観客は、好き嫌いはあっても、どこかでこの曲者に引き込まれ
何かしら小気味いい思いを感じたりする、、実にまんまと嵌るのだ!


the-usual-suspects-keyser-soze-47148_300x140



嵌りの原点になったのが、言わずと知れた「ユージュアル・サスペクツ」
このラストの変わり身に、お見事!の喝采は大きかったハズだ

どこにでもいる‘‘おっさん顔’’(笑)
それが隠れ蓑であるコトを、誰よりも計算し、身に付けた俳優が彼だ


936full-kevin-spacey




Kevin Spacey 曲者カメレオンの顔
一体、この俳優のどこに惹かれるのか・・・

計算が見え隠れしつつも、何も匂わせないワザを持つ
騙された気分が、どこか心地いい、、
それを味わせてくれるからだろう☆






ぶっ飛びジャケット・・・(Queen Fight From the Inside♪)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!







へヴィなサウンドに、個性的なハスキーヴォイス
お馴染み、フレディのハリ声とは違う、ロジャーのヴォーカル曲だ

う~ん、、いつ聴いてもかっちょいい!
このドスドス感は、もやもやなんて吹っ飛ばしてくれる
スカッと気分爽快になるくらいに、サイコーだ

それぞれの個性が際立っていた彼らは、アルバム毎に
素晴しい楽曲を織り込んでいる

中でも、ドラマーのロジャーは、まさにロッカーそのものだ
刻まれるビートとリズム、高くちからのある声が、地に響く
その心地良さは堪らない☆


Queen_RockWorld_frontAllQueen_RockWorld_gate



あった!あった!サイト画像からお借りしたものだが
今のCDでは、こうはいかない、これぞLPの醍醐味よ、うんうん
だら~んと、長くぶら下げる形になる表と裏のジャケットに
あの頃の感動が蘇る~♪

しかし、まあ~、、このジャケットにはぶっ飛んだ!(笑)

見た途端、あまりのリアルな描写と、まるで世紀末のようなSF感
つるりん頭(笑)のジャンボなロボより、逃げ惑うお客さんら、、(お客?)
いや、人間たちの顔が、ホラーそのもので遥かに怖い!

これまでの美しく、幻想的な魔界の貴公子たちをイメージしていた頭が
ハンマーでガツンと殴られたような衝撃!見れば見るほど
‘‘えええ~?今までのQueenはどうなったの?’’
‘‘一体、彼らはどこに行くの?みんな死んじゃったの?’’
と、ぶっ飛びジャケットを見ては、ヘナヘナと泣きそうになった、、
懐かしき夢見る乙女時代だ・・・(ウソつけ!)わはは!

当時、ライヴ映像などなかった学生の頃、2500~3000円の
高いお金を払って買うLPは、お宝もいい所だった

特に、こうしたジャケットの見開きは、想像をかき立て
新譜の感覚にワクワクの夢見心地にも、ゾクゾクの恐ろしさにもなった


18734879_o1



Queenのアルバム「News Of The World 世界に捧ぐ」
1977年リリースの時代、ティーンエイジのワタシには、目と耳に飛び込んだ
新たなもの(LP)が、とんでもなく壮大な世界だった
幻想から一転、現実と先の読めない未来にぶっ飛ばされた感覚、、

今でこそ耳慣れた名曲、代表曲の「We Will Rock You♪」
続いてお決まりの連続曲となった「We Are The Champions♪」
先を見越したかのように、世界に向けた彼らのメッセージが
その頃は、あまりにも大きすぎて困惑さえしたものだ
何とも未熟な世代よのう~(笑)

どれだけ過ぎようと、永遠のQueen、それは限りなくドラマティック☆
彼らのクリエイティヴの非凡さに、改めて惚れ惚れする
News Of The World (Full Album)








攻撃は一瞬!・・・(Skyfall スカイフォールのボンド像)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!


james-bond-skyfall_national_gallery




「007に落っこちた・・・」
この青い目にクラクラとなり
わざわざ、カテゴリまで作ってしまった

何せ、007シリーズをよく知りもせず
カーチェイスでぶっ飛ばす車が、ワイルドな110(ディフェンダー)
それを見に行く!という単純なる頭で、映画館へ行ったのだ

歴代のボンドが、誰から誰へ代わったのか、、
そんな事もテキトーな頭で、この「スカイフォール」を観た
それが一瞬にして、青い目のダニエル・ボンドに撃ち抜かれた

何がどう、、と、ワタシの中で、未だに説明ができない
とにかく、ダニエル・ボンド、、彼こそが007!
ダブル・オーのコードネーム、ジェームズ・ボンドは、彼だったのだ


342363view013
bondbike460




鍛えられた身体だけではない
こうしたライディングの細かなポジショニング
スタントなしのシーンも、スキルとセンスがモノをいう

ワタシが見たボンドのシーンで、どうしても目が行くのがバイク
静止フォトだとよく分かるが、またがったバイク姿がキマルのは勿論
超人(笑)ボンドは、スーツでも難なくこなす
しかし、オフタイプのバイクは、ブーツ(ソールの厚み)があっても
足を付く際に、バランスが難しい

特に、上のスーツフォト!バイクの傾け具合といい、クラッチレバーを引き
肘を張ったその具合といい、うはは!うはは!
もうもう、、バンバンと机を叩き、笑える位にかっちょいい!!

歴代のボンドそれぞれに、その個性があってこそのシリーズ☆
しかし、ワタシにとっては、青い目のダニエル・ボンドが
久々に、そのドキドキをもたらしたのだ


skyfall_trailer_news



いいものはいい!単純な結論に辿り着く
うん、それでいいのだ~♪


skyfall




・・・どうです?胸が痛いとか、息苦しさがありますか?
はい、先生、、時々めまいもします

う~ん、、極度の疲労からでしょうな、激しい運動は避けることですよ
先生、、僕は暴れすぎでしょうか?

そうですな、付き合いよく挑発に乗らないことですな
先生、、じゃあ、ノリの悪い薬の処方をお願いします


※わはは!勝手な会話で遊んでみた(^^)
このシーンは、あくまでも「スカイフォール」でのワンシーン
しかし、悪役ハビエルとダニエルの位置は、まるで診察室だもの~♪







デ・ニーロが描くもの・・・(Vito Corleone 若き日のヴィトー・コルレオーネ)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



part_2_48



デ・ニーロが演じた、若き日のヴィトー(ドン)・コルレオーネ
何度見ても、回想シーンで描かれた彼の佇みに魅了される


tumblr_m2e6hoiny91qcdg4no1_1280
De_niro_hi_fnl-330
Theadora Godfather2_1974_RDeNiro]




若く貧しい日々、、まっとうに働く者が何かと理不尽な目に遭う
その弱い者の味方になり、周りの信頼は絶大となる
次第に、事業と共にファミリーとして名を挙げていく

ワタシは、この若き日のデ・ニーロが好きだ
何も発せず、映るだけで滲み出るもの・・・
そこには、デ・ニーロという男にしか醸し出せない雰囲気がある
ただ立っているだけなのに、それを描けるのは彼だけだろう


godfather2




持って生まれた色
そこに、彼独特のアプローチも加わり、多彩な色となる
哀愁を帯びた物腰は、どの作品も掴まれて動けないものがある


df84594fa99cb4a02acb16f6d1ae659edf84594fa99cb4a02acb16f6d1ae659e



虚弱な我が子の発育を心配し、見守る父の姿
切ない眼差しが堪らない

デ・二ーロの登場シーンは、どれも素晴しく
こうしたフォトは、どこまでも果てしなく並べたくなる




決め手は嗅覚・・・(Columbo&''Dog'' コロンボと愛犬☆)

ブログネタ
「M&Mの部屋♪」 に参加中!



8706068593_b6bc0436ff_z



ほのぼのとしたショットは、お馴染みコロンボ警部と愛犬
犬種はバセットハウンドで、劇中の名前は「Dog」
これが主人公と同様に、いい味を出している

今、とても病みつきになっているのが、この「刑事コロンボ」で
海外ドラマチャンネルAXNの中でも、お気に入りだ
年末から新春にかけて、特集をやってくれるのが嬉しい限り→名刑事駅伝☆

毎回、お決まりのリアクションや、口癖、展開など
同じようなパターンであっても、やはりコロンボの魅力は
彼独特のキャラクターにあると言える


columbo-and-car-pic
8754361410_bf1655b8f4




オシャレなガタピシ愛車(笑)、それに時々便乗しては
窓からひょっこりと顔を出し、愛嬌を振りまく「Dog」

いいかい?おとなしくしてるんだよ、分かった?
吠えるんじゃないよ、すぐ戻るから、、
ワンッ!ワンッ!
だからあ、吠えるんじゃないって言っただろ?
ワンッ!ワンッ!

こうして、いつも困らせる「Dog」の愛らしい登場シーンが堪らない


columbo-photo-2



あたし、、?あたしが、、?
と、今で言えばオネエ言葉♪で喋る、おとぼけ顔の名警部
しかも、殺人課ときた(笑)

このうっかり表情に、犯人はおろか観ている方もまんまと騙される
その隙に、名警部は五感をフル発揮し、些細な事も見逃さない
そして、抜群の嗅覚で執拗に獲物の足跡を追うのだ

愛犬「Dog」のハウンド種と、名警部の鼻は共通のスゴ技を持つ

勝手な解釈だろうが、制作に於ける登場の意味とは別に
何かの繋がりのように思えて仕方がない
やっぱり、何度観ても病みつき名警部だ☆


☆ はじめに・・・☆ 動画に関しては時として再生できなかったり、無効によりサイトでご覧頂くものがあります。 また、残念ながら削除される場合もありますのであらかじめ、ご理解下さいませ。
最新記事
ギャラリー
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
ようこそ!
お気に入りの俳優や、映画のシーン、音楽など、ジャンルに拘らず好きなものを書いています。懐かしさで振り返る思い出綴り。「QUEENとフレディ」大好き♪個性派曲者も大好き☆ 別館に、マーク・ノップラー大好き♪(ダイアー・ストレイツ)の部屋=「knop♪knop」http://knop-mk.blog.jp/があります。※コメント欄をログインにしていますが、現在メール機能の不具合から問い合わせ等の送受信が出来ません。フォームも開かずのままですが、「好き」を呟く部屋としてお楽しみ頂けたら嬉しいです。 管理人reo18(^^)
最新コメント
ギャラリー
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 稀勢の「いい男」へ・・・(祝☆横綱「稀勢の里」誕生!)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 色褪せることなく・・・(役者「根津甚八」への思い)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その3」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • 12月と言えば!空の祭典「その2」・・・(新田原基地航空祭 2016☆)
  • ライブドアブログ